サーバー側言語

PHPはサーバー側の言語です。サーバー側で実行されるWebに組み込めるプログラム言語には、いろいろな種類がありますが、大 きく分けるとクライアント側で実行するものと、サーバー側で実行する ものに分けられます。 Webの中にクライアント側で実行するプログラムが入っている場合、 WebのHTMLとともにプログラムがクライアントに送られてきて、クライアント 側でプログラムを処理するという形になります。たとえば、 Webにちょっとした動きをつける場合には、 JavaScript がよく利用されていますが、 JavaScript はブラウザ側で実行するタイプの言語です。 一方、 Web ページの中にサーバー側で実行するプログラムが入っている場合、そのプログラムはサーバーで実行されてHTML として出力され、それがクライアント 側に送られます。たとえば、掲示板やチャットなどのページでは、 Perl で作られたプログラムがよく利用されていますが、これはサーバー側で動作するものです。

PHP は、サーバー側で実行するタイプの言語です。サーバー側にPHP がインストールされていれば、クライアント側のブラウザに関係なく、 PHPのプログラムが実行できます。 なお、プログラム言語の中で、「コンピュータに関する深い専門的な知識がなくて も、プログラムを書くことができるもののことをスクリプト(script) と呼びますが、 PHP もこの観点から言えばスクリプトです。
一般のプログラム言語で書かれたプログラムは、コンピュータのCPU が直接理解できるものではありません。そのため、 CPU が理解できる形に変換することが必要になります。 変換方法としては、実行する前にあらかじめ変換しておく方法と、実行しながら 少しずつ変換していく方法があります。前者の方式をコンパイラと呼び、後者をインタープリタと呼びます。 PHP は、インタープリタの言語です。 コンパイル型の言語の場合、実行する前にCPU が理解できる形に変換する必要があるので、実行するまでの手順が面倒です。インタープリタ型はその作業が不要なので、プログラムの実行が簡単というメリットがあります。 ただし、インタープリタ型では、コンパイラ型よりもプログラムの実行速度が遅くなるというデメリットがあります。もっとも、 PHPではプログラムは高速に実行されるので、速度が問題になることはあまりないでしょう。