条件式と True/False の値

if 文は条件が満たされているかどうかで処理を分けるものですが、より正確には 「条件として与える式が True/ Falseのどちらの値を持っているか」で処理 を分けるものです。 条件式に使用する記号を比較演算子と呼びますが、「演算」は計算をして値を 求めることです。つまり、比較演算子も Trueまたは False の値を返します。条件が満たされると True の値が返され、そうでなければFalse が返されます。 if では、 () の中に比較演算子を使用した式を入れることがよくあり ます。しかし実際には、 True または False の値を返す式であれば、何でも入れられ ます。 たとえば、変数$a にTrue または False の値が代入されているとしましょう。その 場合、変数$a の値がTrue かFalse かで、処理が分かれることになり ます。

条件式と True/False の値」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です